先生プロフィール

鈴木晶水(すずきしょうすい)

毎日書道会会友
師範
筆跡アドバイザーマスター
鈴木晶水 書の教室主宰

1975年生まれ。2児の母。各種書道展入選入賞歴多数
『マイナビ出版年賀状素材集』『日本酒ラベル』『焼酎ラベル』『居酒屋ロゴ』『鍼灸院店舗ロゴ』など筆文字提供。

2005年 第56回連合展《書芸文化院特別賞》受賞
2006年、2010年~2019年 毎日書道展 入選
2012年 全国競書大会 毎日新聞社賞 受賞
2013年 全国競書大会 全国競書大会賞 受賞
2014年 全国競書大会 高野山金剛峯寺賞 受賞
2015年 全国競書大会 受賞
2016年 全国競書大会 全国競書大会賞 受賞
2017年 全国競書大会 受賞
2018年 全国競書大会 全国競書大会賞 受賞
2015年 日書展「特選」授賞
2016年 日書展「秀逸」授賞
2017年 日書展「特選」授賞
2018年 日書展 三賞にあたる「毎日新聞社賞」授賞
毎日書道展入選多数 他

ご挨拶

当教室のホームページを見つけて下さり、ありがとうございます。

隠れ家的な場所で大きな看板は出さず、小さなお習字教室をしています。正しく整った字を学ぶことは基より、「キレイな字を書くこと」を表面的なものだけではなく「書き手の人柄が表れた魅力ある字を書く」「書を愉しむ」ことを大切に思っています。

書いた物をただ添削するのではなく、一人一人と向き合える少人数でのお稽古を目指しています。

書と私

書道との出会いは小学校低学年の時で、近所のお習字教室へ通っていました。字や絵を書くことが好きな子どもでした。

中学へ上がり、他のお稽古事は辞めてしまいましたが、書道だけは高校・大学へ進級しても続けていました。

大学を卒業後に企業へ就職し、仕事・家事・育児に奮闘しながらも書は続け、師範取得、毎日書道展や各種書道展にて入選入賞を重ねました。夫の転勤を機に退職し、東京へ戻って念願の書道教室を開設いたしました。

今も昔も、毛筆で字を書いている時間は私にとってリラックス・リフレッシュできる気持ちの良い時間です。

書から広がる可能性

書から広がる可能性は無限大です。
興味の範囲は色々なことに広がります。

私は筆文字だけではなく、硬筆の手書き文字やフォント・カリグラフィーなども好きです。

文字は言葉を記したものなので、言葉にも興味がわきます。
長年、近代詩文書を学んでいたこともあり、文字のデザインも好きです。
大学で専攻していた情報処理を生かし、筆文字をphotoshopで加工したデジタル作品を作ることも愉しんでいます。
DTPやフォントについても学びました。
古典を学ぶことも楽しいですし、展覧会で色々な書の作品を見ることもとても楽しいです。

日常生活の中では筆文字で書かれたロゴや題字なども多く、書から広がる可能性は無限大で飽きることがありません。

書を愉しむ

書歴40年以上ですが、まだまだできないことは沢山あります。
やりたいことも沢山あり、書は一生愉しめるものだと感じています。

そのうちの一つだった「お教室を開く」ことは、2021年実現しました。
まずは小学生対象で始めたお教室ですが、自分の子どもの成長と共に対象を大人の方まで広げていきたいと思っています。

幼年~中学生までは「書写を学ぶ」
大人の方とは生徒と先生という枠だけにとらわれず、書を学び 書を愉みながら心や生活を豊かにするコミュニティの場にできたら、と思っています。

筆跡心理学

昔から筆跡を見ると、なんとなく書き手のイメージが湧きました。字が持つイメージというものは誰でも少なからず感じていると思います。

そこに何か根拠があるのではないかと思い、筆跡心理学を学び日本筆跡心理学協会の「筆跡アドバイザーマスター」という資格を取りました。

そこでは「字は人なり」という言葉の通り、筆跡には書き手の性格や行動が表れるという事を学びました。

そしてそこには古来から行われている日本の伝統教育である書写から学ぶことと共通する内容が沢山ありました。

筆跡心理学の知識は「自分らしい字を美しく書く」という指導にも生かされています。

教室の雰囲気やお稽古を体験してみませんか?

体験レッスンは個別に行っております。

お一人様1回1時間程度、ご兄弟姉妹・お友達同士はご一緒に参加して頂けます。

保護者の方もご一緒に参加して頂けます。

鈴木晶水 書の教室
タイトルとURLをコピーしました